歯のホワイトニングに関する8つの予備知識

歯を白くしたいと思ったらimghr

人と会話をするとき、顔のパーツの中で一番見られているのが目元です。

そして次に見られているのが口元です。

つまりあなたの歯も意外と見られている!
ということです。

顔の表情はその都度ごとに臨機応変にコントロールできます。

しかし歯の黄ばみや汚れなどはそうはいきません。

せっかく興味、好意、好感、信用を抱いてくれているのに、ただ「歯が汚い」というだけでせっかくの好印象が一気にガタ落ちしてしまうこともよくあります。
imgtop011
「歯が汚い」、たったそれだけで私生活のだらしなさまで勝手に連想されてしまいます。

でも安心してください!

「歯の黄ばみ」や「歯が汚い」のは治せば済む話です!
歯を白くする「歯のホワイトニング」で解決できる話です。
imgtop012
ところで歯のホワイトニングには色々な方法があることをご存知ですか?

「歯を白くしたい!」と思ったら、「あなたに合った歯のホワイトニング」を試せばいいのです!

ですがその前に「歯のホワイトニング」に関する知識を少し頭に入れておくことが必要です。
omgtop013
ざっとで良いのでぜひ目を通してみてください。

歯のホワイトニングに関する8つ予備知識imghr

  1. そもそも歯のホワイトニングって何?
  2. なぜ歯の着色や変色が起こるの?
  3. 歯のホワイトニングにはどのような方法や種類があるの?
  4. 上の3つのホワイトニングの具体的な内容は?
  5. 歯のホワイトニングはどこでできるの?
  6. 歯のホワイトニングに掛かる費用は?
  7. 健康保険は適用されるの?
  8. 歯のホワイトニングに危険性はないの?

それでは1〜8を以下に順を追って説明していきます。

1.そもそも歯のホワイトニングって何?imghr02

歯は大きく分けると内側が象牙質、外側がエナメル質と呼ばれる2つの層からできています。

歯が黄ばんで見える理由は2つあります。

  1. 歯の外側のエナメル質は透明なのですが、内側の象牙質の色が濃くなり黄ばんだように見える。
  2. 歯の外側のエナメル質の層が着色されて黄ばんだように見える。

この2つが挙げられます。
imgtop014
ではこの黄ばみをどうやって白くしていくのか?

こちらも大きく分けると2つの方法があります。

  1. 歯の外側(表面)エナメル質に着色されている汚れをクリーニングする。
  2. 歯の表面から薬剤を浸透させ、歯の内側の象牙質そのものを白くさせる。

imgtop015

という方法になります。

これが「歯のホワイトニング」です。

2.なぜ歯の着色や変色が起こるの?imghr02

まず着色の原因を挙げます。

  1. タバコ
  2. お茶、紅茶、コーヒー
  3. チョコレート
  4. 赤ワイン
  5. 唐辛子
  6. カレー

imgtop016

などが主な原因として挙げられます。

ちなみにこれらを摂取したあとは、水で口の中をすすぐだけでも着色が薄まりますのでおすすめです。

次に歯の変色の原因を挙げます。

  1. 歯の組織そのものの老化で黄色く変色する。
  2. 病気や薬品の影響で変色す場合。

などが挙げられます。

着色については普段の口内ケアを心がけることも大切です。

3.歯のホワイトニングにはどのような方法や種類があるの?imghr02

まず薬剤を使用して歯自体を白くする方法が挙げられます。

この方法は、

  1. オフィスホワイトニング
  2. ホームホワイトニング
  3. デュアルホワイトニング

一般的にはこの3つが挙げられます。

もう一つ方法は歯の表面の着色を落とす方法が挙げられます。

この方法は、

  1. 研磨剤やヤスリ等を使い、歯の表面の着色を落とすという方法です。

この方法は一般的にはホワイトニングの一つと言われていますが、専門的にはホワイトニングとは呼びませんので豆知識として覚えておく程度で結構です。

4.上の3つのホワイトニングの具体的な内容は?imghr02

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、歯の内側の象牙質を短時間で白くします。
少し強めの薬剤を使用し、専用の光を当てる方法です。
imgtop017

  • メリット
    1時間ほどの短時間で歯を白くできること
  • デメリット
    比較的、色戻りが早い
    色むらが出やすい

などが挙げられます。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯の内側の象牙質を徐々に白くします。
少し弱めの薬剤をマウスピースに塗り歯にセットする方法です。
imgtop018

  • メリット
    白くなる効果が持続しやすい
  • デメリット
    最低でも数時間マウスピースをセットしたままにする。
    これを必要に応じて繰り返す。
    即効性はなく緩やかに白くなる。

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングは、最初にオフィスホワイトニングを行います。
次にホームホワイトニングを行います。
つまり、それぞれのメリットを活かした効果的な方法と言えます。
imgtop019

  • メリット
    効果的に歯を白くする
    白くなる効果が持続しやすい
  • デメリット
    時間・期間がかかる

5.歯のホワイトニングはどこでできるの?imghr02

  • オフィスホワイトニング
  • ホームホワイトニング
  • デュアルホワイトニング

これらは基本的には歯医者(歯科医院)で行うことができます。

今現在の口内の状況をしっかり確認した上で、どうやってホワイトニングを進めていくかを決定します。
imgtop020

  • 歯がどれくらい白くなるか?
  • どれくらいの時間が必要か?

などについては個人差もありますので不明な点はしっかり確認しておくことが大切です。

6.歯のホワイトニングに掛かる費用は?imghr02

  • オフィスホワイトニング
    目安3~7万円
  • ホームホワイトニング
    目安3~7万円
  • デュアルホワイトニング
    目安5~10万円

これらの金額は参考目安です。
最近では1万円前後からホワイトニングを行なっている歯医者(歯科医院)もあるようです。

単刀直入に、なぜ安くできるのかなど必ず事前の確認をすることをおすすめします。

7.健康保険は適用されるの?imghr02

歯医者(歯科医院)で行う歯のホワイトニングは保険適用外となります。
自費診療となりますので全額自己負担となります。
また、医療費控除の対象でもありません。
imgtop026
歯のホワイトニングに掛かる費用は事前にしっかり確認しておくことが肝心です。

8.歯のホワイトニングに危険性はないの?imghr02

歯医者(歯科医院)でホワイトニングを行う場合は、事前に歯や口内の状況をしっかり確認します。
その上でどのようにホワイトニングを進めていくかを決定します。
imgtop022

このようにすることで危険を最小限に抑えることができます。

ただし、『短期間により歯を白くしたい!』など要望を出した場合は、それに伴う危険性を説明してくれます。

歯を白くするための薬剤を強いものにするとか、各ホワイトニングの回数や時間を調整するなどの方法もあります。

ですがこの場合、『薬剤による知覚過敏やアレルギーの影響を受ける場合もありますよ。』などを説明してくれるはずです。

因みに、薬剤にも色々な種類があります。

例えば製造国の違いや国の認可の有無などが挙げられますが、効果やリスクを親切に説明してくれる歯医者(歯科医院)を選ぶようにするのがいいでしょう。
imgyop021

まとめ
imghr02

近頃、歯のホワイトニングを行うことが一般的になってきました。

年代や性別も様々で10代後半から50代の男女に人気が集中しているようです。

その方法としては歯医者(歯科医院)で行うホワイトニングが一般的ですが、健康保険が適用されないことや、費用が高額になることから、最近では市販のホワイトニングキットを使用する人が大袈裟ではなく本当に増加しています。
imgtop023

市販のホワイトニング商品は歯医者(歯科医院)に通う必要もなく手頃な値段で販売されていることが人気の理由と言えます。

歯医者(歯科医院)で行う歯のホワイトニングのメリットはプロと相談しながら自分に合った方法で歯を白くしていくことができる点にあります。
imgtop024

市販のホワイトニング商品は自分で行うことになるので、より確実な効果、より綺麗な仕上がりを狙っている人にはおすすめできません。

しかし、とりあえず歯を白くしてみたいとか、ある程度効果があれば良いという方にはお試し用として市販の歯のホワイトニング商品はおすすめと言えます。

中には歯のホワイトニングは市販の商品で充分という方が多いのも事実です。

歯医者(歯科医院)を選ぶ場合は、費用、効果、デメリット、必要期間などをしっかり案内してくれるところを選ぶようにしましょう。
imgtop025

とりあえず市販のホワイトニング商品を試してみようという方は、
以下を参考にしてみてください。

imghr
ホワイトニング商品紹介 ①imghr

薬用ポリリンジェルEX

リジェンティスのオーラルケア
Web
限定!通販でしか購入できません
TVショッピングで人気沸騰中!
累計100万セット突破!
今までの歯磨き習慣を変えずにオーラルケア
『全額返金・安心保証!』
45日間『全額返金』保証制度付き!

※返金保証は購入数によってルールが異なります。
返金時に嫌な思いをしないように事前に確認しておくことが大切です。
因みにこの商品についてはとても分かりやすく説明されていますよ。

薬用ポリリンジェルEXの詳細をチェック!

。。。。。
という商品です。
とにかくリピートユーザーが多いのが特徴です。

これは、一般的な歯磨き粉の料金に比べたら少々「お高い」です。
ですがホワイトニングを目的としたホワイトニング商品なので、そういう意味では「お手頃価格」であると言えます。

むりやり的なホワイトニングではないので歯にも優しいのが良いところです。
ただし、すぐに効果を求める方には向かない商品ですのでご注意ください。

いつもの歯磨きとしてこの商品を使う訳ですからゆっくり慌てずいきたいところです。
それからこの商品は、ホワイトニングの他にも口内ケアとしてのメリットも複数ありますので一石二鳥以上であることは間違いないところですね。

追加購入をする方が多いのが特徴の商品ですから、思い切って複数まとめ買いの割引アップで購入するのがオススメです。

初めてのホワイトニングに悩んでいるなら、まずは一押しの商品だと思います。
もし使ってみてあなたが期待する効果を期待できないと思った場合は、全額返金保証制度もありますのでリスクなしで試せるのが安心ですね。

この商品についてもう少し詳しく知りたい方は公式サイトからどうぞ。

<<<公式サイトはこちら

リジェンティスのオーラルケア

imghrホワイトニング商品紹介 ②
imghr

みるみる歯が白くなる!?ホワイトニングキット

600×500
こちらは

美歯口(びはく)

(シャリオンのホワイトニングキット)
とういう商品です!

この商品の特徴は、
たったの30日間で、
自宅で簡単に集中的にホワイトニングを行うことができる点にあります!
<<<世界初の歯のホワイトニング美歯口30DAYSキット

歯を白くキレイにしたいと思いながらも
これまで中々踏み出せなかった方に特にオススメです!

自宅で簡単に始められます。
何より30日間を目安に行うことで、
進行状況を確認しやすいのも人気の理由です。

それともう1つ、
圧倒的な人気の理由があります!

それは、
お値段的にも始めやすい!
これがポイントです。

ホワイトニングが初めてという方で、
ホワイトニングを『する』か『しない』かで迷っているなら
<<<美歯口30daysホワイトニングキット
を試してみてはいかがでしょうか?

この商品なら、
あなたもきっと(多分)気に入ると思いますよ!

640×100

imghrホワイトニング商品紹介 ③imghr

ビースマイルで白い歯へ【ホワイトニングスタートキット】




このビースマイル(be smile)は、
専用マウスピースか歯にビースマイルジェルを塗ります

次にマウスピースを歯にセットします。
そして専用LEDをONにして10分

img014576

たったこれだけです。

あとは軽くブラッシングしながらビースマイルジェルを流すだけ。

このビースマイルは、
わざわざ歯医者に行くのはちょっと面倒という方に特にオススメです!

この商品はとにかく簡単にお手軽にできる点が魅力ですね。
確かに人気の理由は納得できます。

その中で、あえてデメリットを挙げるとしたら、、、

よだれ。

img112398

マウスピースをセットして10分間、
やや下向き加減でスマホ見ながら時間が経つのを待っていると、、、。

垂れそうになるんです。よだれが。

でもこれは、
待つ体制を工夫すれば回避できるのでそんなに心配ありませんけどね。
それかハンカチとかタオルを用意しておくのもいいですね。

よだれ問題は多少気になりますが、
それ以上にホワイトニングの行為そのものが面白い!
何だかんだ試してみたくなるのはよく分かりますよね。

この商品については公式サイトを直接見ていただく方がいいかと思います!

<<< 公式サイトはこちら


imghr
ホワイトニング商品紹介 ④imghr

お手頃価格気楽に始められる商品はココから

④-1

印象アップ・ホワイトニング(ブレスマイルクリア)

ホワイトニング訴求


④-2

ホワイトニング用歯磨きジェル(ルメディカ シャインホワイト)

ルメディカ シャインホワイト


④-3

剥がして・浮かせて・落とす 薬用ちゅらトゥースホワイトニング

 

ちゅらトゥースホワイトニング

imghr02

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう